花外楼ホームページ

2017年12月19日火曜日

OSAKA光のルネサンス2017


OSAKA 光のルネサンスが25日(月)まで中之島界隈で開催されています。
中之島公園では、地元の子供たちや一般の参加者が果樹栽培用の袋に笑顔を思い思いに描いた『ひかりの実』が木に吊り下げられ、優しい光を放っています。
大阪市中央公会堂では、ウォールタペストリー「
時の歩みとともに~15年のありがとう〜」を見ることが出来ます。建物のディテールを活かしたオリジナルの絵を描き、映像演出を加えるという手法が使われているそうで、絵本の世界に飛び込んだような美しい光の絵巻は圧巻です。是非お出かけください。

 
 



 

 


2017年12月16日土曜日

第26回花外楼お楽しみ会クレマチス

 
 
本日、第26回おたのしみ会クレマチスを開催いたしました。今回はギタリストの小野剛藏様を講師に迎え、ギターで綴る「日本の歌・世界の歌」というテーマで講演をしていただきました。
先生の楽しいお話とともに、「禁じられた遊び」や「愛のロマンス」「ラ・クンパルシータ」などを演奏くださいました。先生のお人柄のように温かなギターの音色に、素敵なひと時となりました。







2017年11月11日土曜日

第25回おたのしみ会クレマチス

「花外楼夢譚」
11月18日(土)14:00開演
大丸心斎橋劇場にて

上記の公演は、来年の明治維新150年に合わせてNPO「平成上方文化を創る会」が主催。明治維新の要人らが、政府の方針などを協議するため開いた「大阪会議」が開かれた料亭「花外楼」を取り巻く夢物語を、日本舞踊や落語、語りで演じる舞台です。
今回のおたのしみ会クレマチスは18日の公演で脚本・振付・舞踊を担当する藤間遊子様を講師に迎え『語りと舞踊で描く花外楼夢譚』というテーマで講演をしていただきました。18日の公演のみどころや、脚本を作成するにあたっての裏話などをお話しいただき、長崎ぶらぶら節などを踊っていただきました。

18日の公演は、水知悠之介さんによる講演、橋爪淳さんによる語り、桂三象さんの「太鼓持ち」と見どころいっぱいのプログラムになっています。是非、お出かけくださいませ。


 
 

2017年10月21日土曜日

第24回おたのしみ会クレマチス

本日、第24回おたのしみ会クレマチスを開催いたしました。今回は浪曲師の真山隼人様と曲師の沢村さくら様を講師に迎え『浪曲―涙と笑いの感動ドラマ』というテーマで講演をしていただきました。浪曲の歴史や、講談や落語との違い等、浪曲における三味線の役割などの解説と、即興の浪曲も披露くださいました。解説の後には忠臣蔵より「大石東下り」の一席を披露していただきました。浪曲師の真山様は22歳ととても若いですが、沢村さくら様と共に浪曲界を盛り上げようと頑張っておられます。あいにくの雨で、欠席者も出て参加者が少なく、多くの方々にご覧いただけなかったのが残念です。